人生

【時間がない人必見】時間をつくる方法はコレ!時間をつくる方法3選を解説!

こんにちは。マネ社長です。

皆さんは、自分の自由な時間がありますか?

多くの人は、学校や仕事で1日の大半が取られ、
自分の時間というには程遠い毎日を過ごしているのではないでしょうか?

家に帰れば家事、洗濯、料理、子育て、宿題に追われ
あっという間に就寝の時間。

寝て朝起きたら、また学校や仕事に出かける。

そんな毎日を送ってはいないでしょうか?

そして、「あー、時間がない…」と
なってはいないでしょうか?

今回は、そんな時間がない人に向けて、
時間をつくる方法を3つお伝えします。

この方法は、私自身が実践してみて効果があった内容です。
私自身もこの方法を実施する前は、自分の時間がなかった会社員の一人でした。

仕事が終わるとクタクタ。
家に帰って、ゴロゴロしながらテレビを見て、
1日終わってしまうのが毎日の日課でした。

そんな私が、今回紹介する時間をつくる方法を生活に取り入れたところ、

・毎日ツイッターが10ツイート以上できるようになった

・ブログ記事を書く時間をつくれるようになった

・運動をする時間が取れるようになった

・十分な睡眠時間が取れるようになった

・朝からダラダラすることがなくなった

・あっという間に時間がすぎることがなくなった

こんな感じに、生活が激変しました。

「時間がない」

そんな多くの人が一度は経験したことのある悩み。
もし、このような悩みを持っている方がいれば、ぜひ騙されたと思って試してみて下さい。

今回ご紹介するのは、「会社の近くに引っ越す」とか「残業がない仕事に転職する」
といった、大きな変化を必要としません。

たった今からでも実践できる内容になっています。

自分の自由な時間が手に入ったという人が増えていくと
世の中もどんどん良くなるハズ。
そんな方が増えるとうれしいな〜と思います。

それではいきましょう!

時間をつくる方法3選とは

結論からいきます。

時間をつくる方法、それは次の3つです。

①やらないことを決める

②タイムバケットをつくる

③朝イチの行動を5分おきに決めておく

私はこの3つを生活に取り入れたことで
自分の時間をつくることができるようになりました。

この3つの方法に取り組むとなぜ時間がつくれるのか、
その理由についてもう少し詳しく解説します。

①やらないことを決める

まずは、時間をつくる方法で最も重要な「やらないことを決める」から説明します。

この「やらないことを決める」という方法は、
今からでも是非取り組んでほしいと思っている内容です。

自分の時間や自由な時間をつくりたいなら、
まずはやらないことを決めることが最も重要です。

「やらないことを決める」ことをオススメする理由

「やらないことを決める」ことをオススメする理由は3つあります。

1つ目は、1日でやれることは思っている以上に少ないから。

2つ目は、自分の自由な時間がない理由は、1日中にやることを詰め込みすぎているから。

3つ目は、やらないことを見つけてやらない行動をとることは意識しないとできないから。

まず1つ目の、「1日でやれることは思っている以上に少ないから」というのは、
1日の時間を正確に見積もることだと考えています。

自分の時間がなかった過去の私自身は、1日の時間を正確に見積もることができていなかったように思います。

「いやいや、何言ってるの、1日は24時間でしょ」

という声が聞こえてきそうですが、
実際に1日という時間をどれほど正確に把握できているでしょうか。

1日の行動を振り返ってみると、
学校や仕事で1日の3分の1以上を使い、
睡眠時間を入れると、そもそも自分の時間枠がかなり少ないことに気づくと思います。

例えば、仕事で8時間、睡眠で8時間とすると、
これだけで残り時間はあと8時間になります。
その中に、移動時間やご飯・お風呂の時間が入ってくると
ほとんど使える時間はなくなります。
そして、スマホをいじって、テレビを観たら1日は終了です。

このように、まずは1日で何かをやれる時間は思っている以上に少ない
ということを知らないといけないのです。

2つ目の、「自分の自由な時間がない理由は、1日中にやることを詰め込みすぎているから」というのは、
あれもこれもと欲張りすぎないことだと考えています。

人ってとにかく欲深いですよね。
何かが満足できたらまた次のことをしようとしてしまう。

この欲深さは非常に大きなエネルギーであることに違いはない一方、
行き過ぎてしまうと自分の首を締めることになります。

そもそも、1日の時間は思っている以上に少なくて、
やれることも限られるというのは前述のとおりです。

そのなかで、
あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、こっちもやっておかないと、、、
と何にでも手を出してると、自分の自由な時間なんて確保できやしません。

だからこそ、やることは増やしすぎない。
やらないことを決める。
ということが重要になります。

3つ目の、「やらないことを見つけてやらない行動をとることは意識しないとできないから」というのは、
強制的にやらないことを決めましょうという考えです。

人は、何もしていないと何かをやろうとしてしまいます。
長い時間じっと動かないことは結構辛いものです。
どちらかといえば動いている方が楽だったりします。

ただ、今回のテーマは自分の時間をつくること

自分の時間をつくるためには、やらないという行動をしていく必要があります。
それはつまり、無意識で必要のない行動を減らしていくことです。

では、具体的にどのように無意識な行動を減らしていくのか。
具体的な内容について、これからお話していきます。

②タイムバケットをつくる

時間をつくる方法「やらないことを決める」は、やや精神論的な話が多かったと思います。
ただ、それだけでは実際にどう行動すればいいかわからないはずです。

そこで、ここではやらないことを決めるための方法を紹介します。

やらないことを決めるためにやるべきことは、
「タイムバケットをつくる」ということです。

タイムバケットってなに?
詳しいタイムバケットのつくり方を知りたい!

という方は、こちらの記事をどうぞ。

タイムバケットについての内容や私のタイムバケットも載せています。
もしタイムバケットをつくってみようと思った方は、真似してつくってみてください。

タイムバケットをつくることをオススメする理由

今回、自分の時間をつくる方法として、
タイムバケットをつくることをオススメする理由は次のとおりです。

・自分がやりたいことが明確になるから

・やらなくていいことも明確になるから

タイムバケットとは、いわば、自分の人生の長期計画のようなものです。

何歳にこんな自分になっていたら幸せだな〜、と想いを馳せることができます。

是非一度自分のタイムバケットをつくってみて下さい。
つくってみると、そのタイムバケットの中には、自分がやりたいこといっぱい埋まっているはずです。

それが皆さん自身のやりたいこと。
やりたいこと、やってみたいことを文字化して明確にすることができます。

一方で、このタイムバケットの中に存在しないものは、重要なものではないことがほとんどだと言えます。

つまり、タイムバケットをつくることで、自分が必要としていないこと(やらなくていいこと)が明確になります。

これこそ、自分の時間をつくるためにやらないことを見つけることができるツールなんです。

時間を作りたいのであれば、自分がやりたいこと(大切にしたいこと)を明確にして、
それ以外のことをやらないこととして決めてしまいましょう。

③朝イチの行動を5分おきに決めておく

ここまでで、

時間をつくる方法はやらないことを決めること
→やらないことを決めるためには、やりたいことを明確にすること
→やりたいことを明確にするツールとして「タイムバケット」を使う
→やりたいことが明確になったらそれ以外をやらないことと決める

という一連の流れをお話してきました。

ここからさらに、時間をつくるため朝イチの行動テクニックをご紹介します。

このテクニックは、私も毎日実践しています。
取り入れ始めてから、朝の時間がかなり有効に使えるようになりました。

その方法とは、

朝起きてからの行動を5分おきに決めておく

というものです。

「えええ、朝はゆっくりしたいよ〜」

という意見も聞こえてきそうですが、このテクニックは効果抜群です。
朝の時間の過ごし方を大きく変えてくれます。

朝イチの行動を5分おきに決めておくことをオススメする理由

朝イチの行動を決めることをオススメする理由は、

・朝は体を起こせば一番脳が働く時間

・行動を5分おきに決めておくことで朝の時間を無駄に過ごすことを防ぐ

とにかく朝の時間はダラダラしてはもったいないです。
もし、自分の時間を作りたいと考えている人はなおさら。

朝イチに脳を働かせることで、やる必要があることを朝の時間にやってしまうことができます。

ただ、朝イチは眠いですよね。。。
私も朝が強い方ではありません。。。

そこで考えたのが、
朝イチの行動を書き出して、何時何分に何をやるかを決めるということ。
強制的に習慣化しようと考えました。

参考までに、私の「朝イチの行動」をご紹介します。
私はこんな感じで朝起きてからの行動を具体的に決めています。

5:00起床目覚まし消すApple Watchつける股関節柔軟
5:05ベット温めて片付けiPhone・Kindleリビングへ顔洗う歯磨き暖房つける
5:10ご飯を温める
5:15コーヒーを作るパンをテーブルに置く
5:20弁当つめる
5:25お湯沸かす
5:30卵焼き作るお湯完成コーヒー完成
5:35弁当完成
5:40朝食
5:45
5:501ツイート目ブログ作業開始
5:55
6:00
6:05
6:10
6:15
6:20
6:25
6:30
6:35ブログ作業終了
6:40皿洗い着替え髪整える
6:45家を出る
6:50
6:55
7:00YouTube視聴
7:05駅到着

このように、文字化することで、やることが明確になり、
朝から「なにをしようか」と考える必要もありません。

朝イチの冴えわたっている脳が別のことを考えて消耗しないよう
朝イチの脳にも配慮しています。笑

まとめ:やらない勇気を持つことが自分の時間をつくる第一歩

今回は、自分の時間をつくる方法について解説してきました。
振り返りですが、時間をつくる方法、それは次の3つです。

①やらないことを決める

②タイムバケットをつくる

③朝イチの行動を5分おきに決めておく

時間に追われて、今日も自分の時間がなかった方は、やらないことを決めることから始めましょう。

やらない勇気を持つ人だけが、自分の時間をつくることができます。

ついつい色々とやりたくなるのは十分わかります。
ただ、1日の時間は思っている以上に短いです。
だからこそ、自分が本当にやりたいことを自分の時間に充てましょう。

嫌なこと、やりたくないことをやっている時間はありませんよ〜

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

熱い思いを持っている方をマネ社長は心から応援します。

多少なりとも、お力になれれば幸いです。

では、このブログを閉じて、行動を起こしましょう。

頑張る人の未来は明るい

またお会いしましょうね。

-人生
-, , ,